アレルギーの血液検査ってどうなの?

子供の頃から気にしておきたいのがアレルギーです。アレルギーといってもその症状は様々です。春先になるとかかる人の多い花粉症もその症状の一つです。人によっては花粉でなくハウスダストに反応する人もいるでしょう。食品アレルギーもその人の一生に影響するもの、症状によってはじんましんだけでなく、喉が腫れあがり呼吸ができなくなり、呼吸困難を起こし死に至る、なんてことも。症状によっては人の生死に影響する、アレルギーは本当に恐ろしいですよね。ですから症状のある人はアレルギーの原因となるアレルギンが何なのか、しっかりと知っておく必要がります。それは一体どのようにして調べるのか?血液検査という方法があります。

アレルゲンを調べるための血液検査はアレルギーの診察をしているクリニックで調べることも可能です。アレルギー専門のクリニックでなくとも耳鼻咽喉科や皮膚科など、様々なクリニックで実際に血液検査をやっています。血液検査でアレルゲンを調べることはIgEというタンパク質がどの物質に反応を見ます。例えばスギに対するIgEタンパク質が高い反応をしめせば、スギに対する花粉症をいう診断が出るでしょう。このようにしてアレルゲンを調べることが可能です。

しかし、ここで気をつけてもらいたいのがIgEタンパク質が血液検査で高い数値を出したとしても、必ずしも体に反応が出るということではありません。検査で高い数値が出てもアレルギー反応として体に症状が出ない場合もあります。ですからこの血液検査の結果のみでアレルゲンの判断を下すべきではありません。大切なのはこの血液検査の結果を踏まえて上で、どのように体に症状が出るのかということ、また反応が出た場合にどのように対処するかということです。

今、アレルギーでお悩みの方は血液検査をしてみてください。そしてその結果を踏まえたうえで、アレルゲンとなる物質を避けて生活し、アレルギー反応を出さない努力をしましょう。