薬・ステロイドの危険性

体に不調が出たときにお医者さんにかかるのは自然なことだと思います。病院に行く目的は適切な治療にあります。治療によっては薬が出ることも多いでしょう。ではここでは不調が出たときにつかうステロイド剤について考えてみましょう。

 

ステロイド剤を治療に使う一番よく知られている疾患としてはアトピーだと思います。経度ですと症状として肌の乾燥があり、重度になるとひどい痒みと共に皮膚がジュクジュクと膿みだし、ステロイド剤を使わないと日常生活もままならない、というような状態になります。一般的にステロイド剤はきついと思われますが、でもその種類も様々で、きちんと医師の指導のもとに使うことで、アトピーなどの症状は抑えられます。

春のこの時期、花粉症に悩まされる方も多いでしょう。花粉症の治療にもステロイド剤は使われているのですよ。そもそもステロイド剤の役目は免疫抑制作用と抗消炎作用です。花粉症は本来身体に毒性のない花粉を体の細胞が異物として攻撃し、その反応として痒みなどの症状が出ます。それを抑えるためにステロイド剤を使うことが効果的です。これがステロイド剤の免疫抑制作用の一例です。同じような症状ではアレルギー反応があります。同じ方法でアレルギー反応を抑えるためにもステロイド剤が使われます。(花粉症自体が花粉というアレルゲンによるアレルギー反応です)抗炎症作用は皮膚などで炎症を起こしている部位の炎症を抑える働きがあります。ですから、ステロイド剤は点鼻薬、内服薬、塗薬など種類が多いのですね。

 

これほど便利な薬なのに、なぜステロイド剤は危険を言われるのでしょうか?それはステロイド剤の副反応にあるのかもしれません。そもそもステロイド剤のような抗炎症反応のような作用は元々私たちの体の中に自然に備わっているものです。そのような自然な作用がステロイド剤を間違った使い方をすることによって失われていくという危険性。その結果、本来ならすぐに治るような感染症にかかっても、なかなか治らないという報告もあります。そして薬を使い続けることによって体がその薬に慣れてしまい、薬の効果が弱くなり、またその薬を使わなければいけなくなった時にその効果が期待できず、もっと強い薬を使わなければいけなくなる、という恐ろしさもあります。これは長期的にステロイド剤を使い続けることによって起こることが多いようです。

ステロイド剤に限らず、どんな薬でも必ず副反応は出るもの。それは例えば、軽いもので体の毛が少し濃くなったりすることだったり吹き出物ができたり・・・軽い副反応とはいってもその出方に注意する必要はもちろんあります。

このように薬を使うときは医師のもとで慎重に行う必要があります。